Google 閲覧数の伸びで3年ぶりにYahoo!を下回る

Pocket
LINEで送る

NIKKEI NET「グーグル、日本では苦戦・閲覧数の伸び・ヤフー下回る」より

インターネット検索世界最大手の米グーグルが日本市場で苦戦している。2005年9月から06年3月にかけて閲覧数の伸びで首位のヤフーを下回り、差を広げられた。

IT業界では、Googleのすごさに注目がいってますが、日本ではYahoo!の強さは他国に比べ独特な結果になってますね。

3月にヤフーの検索サービスを利用した人が見たページ数の合計は、前年9月から12.7%増の22億7793万ページとなった。グーグルは6%増の12億5280万ページだった。半年前と比較した伸び率で、グーグルがヤフーを下回ったのは2003年3月以来。

僕がコンサルをしている友人のサイトでは、Yahoo!からのアクセスが圧倒的に多いですね。

一般的に、Yahoo!からのユーザー方が購買欲が高いユーザーが多いので、ショッピングサイトなどでは、Yahoo!からユーザーを誘導した方が結果が出やすいようですね。

GoogleはITリテラシーの高いユーザーが使う傾向がありますからね。

欧米では、Googleを使っているユーザーの方がYahoo!を使っているユーザーより多いですが、日本ではYahoo!が一番使われています。どんなに、Googleが騒がれようが、Yahoo!は今のところ1位の座を守っていますね。

なぜなんだろう??と考えたりすることもありますが、単純に相性なのかもしれないかなぁーと思うこともあります。

検索エンジン以外の業界、例えば、飲料業界を見てみると、日本ではコーラと言えば、コカコーラが一番ですが、世界的にみたら、ペプシの方が強いですからね。

日本というマーケットに対する、相性の良さ、悪さというものがあるのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る