Movable Typeのバージョンが3.3にアップグレード 気の利いた改良がされているようです

Pocket
LINEで送る

CNET Japan「タグ機能を強化した「Movable Type」最新版–プラグインも日本語で提供」より

シックス・アパートが、新たにタグ機能などを追加したブログソフトの最新版、Movable Type 3.3を発表した。同バージョンでは、2006年春から始めた開発体制のグローバル化を受け、シックス・アパート初の日米同時発表となった。製品の出荷は6月27日からとなる。

Movable Typeのバージョンが3.2からバージョンアップして、Movable Type 3.3になるようですね。しかも、日米同時発表です。

Movable Type 3.3の発表にあわせてMovable Typeに機能を追加するプラグインを紹介する「プラグイン・ディレクトリー」を日本語でも提供する事も発表した。

これは、ありがたいですね。アメリカのMovable Typeのサイトには、プラグインディレクトリーがありましたが、日本のMovable Typeのサイトにはなかったですからね。

Movable Typeは、プラグインを組み込んで、いかに自分が思い描いているサイト構築ができるかがポイントだと思います。

新製品の発表に先立ち関氏は製品の歴史を簡単に振り返り、日本ではブログを企業で導入する事例が米国よりも先行している事、そのため企業ブログの開発拠点を日本に移したことなどを語った。

どうやら、Movable Typeを使ってサイトを構築している企業サイトは、アメリカよりも日本の企業の方が多いみたいですね。

僕が企業のサイトを作るとしたら、普通のホームページにMovable Typeを組み込んで制作したいですね。

はやり、これだけ多くのホームページが存在する昨今では、常に更新するコンテンツがないと、なかなか見てもらえないですからね。

かといって、企業サイトがブログだけで構築するのもいまいちなので、普通のホームページとMovable Typeを使ったブログを合体した形がベストだと思いますね。

そして、更新が頻繁に必要になるコンテンツはMovable Typeで作って、クライアントが自分で更新できるという形式がスピーディーにサイト運営ができていいと思いますね。

新バージョンで最大の目玉となるのはタグ機能だ。これは「情報に対してより多くの情報を付けた方がいい」というWeb 2.0的考えを受けて追加された。元々はプラグイン(追加機能)として提供されていたものだが、開発者が社員だったこともあり今回、Movable Typeの標準機能として取り入れた。タグ情報は、ブログ記事作成画面から直接追加できる。

これもいいですね!なんだか、今っぽいです。タグ付けしたいっす!

記事管理画面や設定画面も細かく見直した。たとえば記事一覧の画面に、記事の更新状況を一目で確認するアイコンを追加したり、記事編集画面で、編集中に他の操作を行うと、編集中の記事を破棄していいか確認するダイアログボックスを表示する、といった改良が施されている。

管理画面も改良がされているみたいですね。使い勝手はもちろんのこと、視覚的な改良も大事ですね。

再構築処理も最適化されて速度が向上した。平田氏は「実行するマシンなどの環境にもよって結果が違うので具体的数値で比較する事はできない」としながらも、「3.2よりもかなり速くなった」としている。

再構築のスピードアップはかなり最重要項目ですね。このブログもずいぶん記事数が増えてきたので、エントリーのHTMLファイルを更新した時には、再構築にけっこう時間がかかってしまうんですよね。

今後も、再構築の速度の向上は、随時アップグレードして欲しいですね。

指定日投稿機能とは、書いたブログ記事を即時公開ではなく、指定した日時に公開する機能だ。

まぐまぐのメルマガみたいに、記事の投稿日を指定できるようになったんですね。

以前のバージョン3.2にもこの指定日投稿機能はあったのですが、UNIXのcronというプログラムを変更する必要がありました。僕が使っているロリポップ!レンタルサーバーでは、このcronの変更は不可なので、指定日投稿機能は使えませんでした。

しかし、MTバージョン3.3からは、指定日投稿機能を独自にMovable Type側で実現しているようです。

旅行にいって、なかなかインターネットができない環境にいる時などに便利そうな機能ですね。

Pocket
LINEで送る