亀田興毅 世界戦に向け準備万全!胸囲95センチ、体温34.9度

Pocket
LINEで送る

スポーツナビ『亀田興毅、胸囲95センチ! 規格外のビッグサイズで世界獲りへ 注目の亀田家恒例“メンチ切り”はお預けに 』より

8.2「WBA世界ライトフライ級王座決定戦 亀田伝説 夢の始まり[1章]」(横浜アリーナ)で激突するWBA世界ライトフライ級2位の亀田興毅とWBA世界ライトフライ級1位のファン・ランダエタが27日、都内病院で予備検診を行い、ともに異常なしと診断された。

とうとう来週ですね!世界チャンピオンになって当たり前という雰囲気の中、亀田興毅はどんな試合をしてくれるのでしょう。楽しみでしょうがないです。

コミッションドクターも驚いたという胸囲95センチに始まり、身長、リーチと、ほとんどの体格差面で圧倒した興毅は、「一週間後(試合翌日)はテレビ回りかな。日本中が沸きまくってるやろ」と、すでに頭の中では試合後の青写真までできている様子だった。

ライトフライ級の選手で胸囲95センチってすごいですね。。腕の筋肉もハンパじゃないですし。

コミッションドクターも、「ライトフライ級では聞いたことがない」と言っているようです。

一方、この日の検診で胸囲95センチと“驚異的”な数字を出した興毅は、「ライト級ぐらいの胸囲やで。いろんな栄養の勉強もしとるし、筋肉落とすようなやり方してないからな。完ぺきに仕上がった」と自信を見せる。

結局、亀田興毅ってストイックで努力家なんですよね。

派手な言動やパフォーマンスのため、そっちに注目がいってしまいますが、子供の頃から普通の人じゃありえない程のトレーニングをして、ボクシングに全てを掛けて、それ以外のことは犠牲にしてきたことを考えると、誰よりもストイックで誰よりも努力家なんだと思いますね。

また、あまりに低くて計りなおしたという検温でも、興毅は34.9度というありえない数値を記録。

34.9度はすごい低いですね。なんだか、ちょっと心配してしまいますが、ドクターはこのように言ってます。

「体が燃焼した結果が体温となるから、通常、減量中のボクサーなら体温が上がるはず」ということだが、つまり、それだけ興毅の調整が順調に進んでいる証拠ということにもなる。「個人差はあるが、これも珍しいこと」

まぁ、亀田興毅はすべてが規格外ということで!

8/2の世界戦では軽くKOして、何度か防衛したあと日本人対決が個人的には見たいですね。

テレビ放送は、19時30分からTBS(6ch)です。

TBS「WBA 世界ライトフライ級タイトルマッチ 亀田伝説 夢の始まり【一章】」

Yahoo!スポーツ – 亀田興毅世界戦特集

Pocket
LINEで送る