米Google 検索シェア50%に

Pocket
LINEで送る

イザ!『50%米グーグル!検索シェア独走 ヤフーの倍』より

米調査会社ニールセン・ネットレーティングズが19日発表した8月の米国内検索エンジン市場調査によると、グーグルを使った検索件数は前年同月比30%増の30億321万件に達し、50・2%のシェアを確保した。

アメリカでは、インターネット人口の約半数がGoogleを使って検索しているんですね。

Googleのライバル、Yahoo!は24%、マイクロソフトは10%ということです。

日本では、Yahoo!を使っている人が圧倒的に多いようですが、いつか、Googleを使って検索するユーザー数がYahoo!を抜く時がやってくるのでしょうか?


僕はGoogleでもYahoo! JapanでもMSNでも検索しますが、検索精度としては、やはりGoogleが一番利口というか、緻密に感じます。

Yahoo! Japanはたまに、とんでもない検索結果を返すんですよね。。「なんで、このキーワードで検索したのに、こんなサイトが出てくるの??」ということが、たまにありますね。

きっと、まだまだYSTは模索中なのでしょう。

ヤフーとマイクロソフトの検索利用件数は前年同月比で各23%と3%の増加で、グーグルが独走態勢を固めている。

Googleの独走態勢も目立ちますが、マイクロソフトがやばいですね。。
かろうじて、検索シェア10%は維持していますが、今後、一ケタ台になりそうな感じですね。

新しいOS「Windows Vista」が、もしユーザーの期待に応えられるだけの完成度を持てなかったら、ユーザーのマイクロソフト離れも、どんどん加速していくんじゃないでしょうか。

Pocket
LINEで送る