ソフトバンクモバイルの6つ目の予想外は端末全機種0円!

Pocket
LINEで送る

+D mobile『6つ目の予想外は「端末全機種0円」』より

先日、「ソフトバンク 通話料金定額制の「ゴールドプラン」「予想外割」を発表!」という記事で、ソフトバンクモバイルの「6つの予想外」のうちの5について書きましたが、本日、「6つ目の予想外」が発表されました。

その内容とは「新規・機種変更ともに端末全機種0円」というものだった。また11月10日からは、割賦金の支払期間を1年、1年半、2年から選べるようになる。

端末全機種0円!ということは、X01HTも無料なのかな??

もし、そうだとしたら、すごいことですね。まだ、現時点では、速報のみで詳細は明らかにされていないので、詳細が分かり次第、当ブログに書き込みたいと思います。


そういえば、今日の読売新聞にはソフトバンクモバイルの広告が出ていました。

孫さんからのメッセージのみの広告です。ちょっと、紹介しますね。

予想外。
ケータイの通話料を0円、メール代も0円にします。
さらに、基本料金をいきなり、そして、ずっと、70%引きの2880円にします。
『予想外割』です。
なんでもできて無料があたりまえのインターネットの常識を、ケータイでも実現させたかった。
なんとか割とか、かんとかポイントなどの呪縛から、すべてのケータイユーザーを解放したかった。
高すぎた日本のケータイ代と複雑怪奇な従来の料金システムをゼロからリセットしたいと思います。
予想外のことを、ふつうのことに。
いままでのケータイは、なんだったんだ、と思っていただけるようなブランドになります。
応援よろしく!
SoftBank 孫 正義

「応援よろしく!」ってことなので、全文紹介してしまいました。。

この文章の中で「なんでもできて無料があたりまえのインターネットの常識を、ケータイでも実現させたかった。」という一文がありますが、これには僕もかなり共感できますね。

なんか、携帯って知らず知らずのうちに金額が高くなっていたりする時があるんですよね。

明細書が届いた時に「えっ、こんなに。。。」って経験をしたことがある人は僕だけではないでしょう。

それと、「なんとか割とか、かんとかポイントなどの呪縛から、すべてのケータイユーザーを解放したかった。」という一文もナイスですね。

ポイントなんか使ったことないですし。。割引オプションも、なんだかややこしいし。。

ポイントが付くと、なんだかお得なような気がするかもしれませんが、ビックカメラにしろ他のお店でもそうですが、ポイントを後で使うということは、使っていない期間はお店にそのポイント分のお金を貸しているという状態ですからね。

貸しているのに、利子はもちろんつきません。。

また、当然ですが、ポイント付加を考慮した金額設定になっています。

だから、デジカメとかも現金で買うなら、秋葉原のポイント制を採用していない店舗で買った方がポイントを付けている店よりも安かったりしますからね。

つまり、世の中には、なんだかんだと物事を複雑にして、言葉のレトリックで上手いこと言いくるめたシステムが散乱しているということを言いたかったりします。

なんだか、話がずれてきたのでこのへんで!

Pocket
LINEで送る