米ヤフー 最大2割のリストラを検討

Pocket
LINEで送る

FujiSankei Business i.『米ヤフー 最大2割の人員削減を検討』より

インターネットのポータル(玄関口)サイト最大手、米ヤフーが、最大2割の人員削減の検討に入ったことが20日までに明らかになった。ネット広告が伸び悩み、ライバルの米グーグルに差をつけられるなか、組織のスリム化で事業の立て直しを図る狙いとみられる。

日本のYahoo!とは違って、アメリカのYahoo!は苦戦しているようですね。

日本のYahoo! Japanは堅実経営で日本で一番使われているサイトですが、アメリカではGoogleが50%のシェアを握っているというニュースが9月にありました。

業界内では、利用者数で07年中にグーグルに追い越されるとの予測が浮上。この一方、ソフトウエア最大手の米マイクロソフトが今年度、11億ドル(約1300億円)の大規模投資を行ってネット関連サービスを強化するなど、ヤフーをめぐる競争環境は厳しさを増している。

ただ単に、人員削減をするだけでは業績は一時的には良くなるかもしれませんが、長期的にみたら、日本の日産自動車のように低迷してしまうのではないでしょうか。

米ヤフーは日本のヤフーを参考にしてみたらどうでしょう。

Pocket
LINEで送る