ユーチューブ日本語版開設へ、米グーグル副社長

Pocket
LINEで送る

読売新聞『ユーチューブ日本語版、開設へ』より

ユーチューブの親会社であるインターネット検索最大手、米グーグルのデービッド・ユン副社長(動画部門担当)は7日、都内で読売新聞のインタビューに応じ、ユーチューブの日本語版開設や、日本の放送局との提携などを軸に、日本向けのビジネスを展開する考えを明らかにした。

ユーチューブ(YouTube)の日本語版、つまり、インターフェースが日本語化するということだと思いますが、サイトのアドレスはどうなるんでしょう?

「www.youtube.com/ja/」とかでしょうか?それとも、ユーチューブ(YouTube)日本語版用に新たなドメインを取得するのでしょうか?


そして、日本人は、現行のユーチューブと日本語版ユーチューブのどっちを使うのでしょうか?

今までユーチューブを使っていたユーザーは、現行のユーチューブを選ぶ人が多いような気がします。

やっぱり、世界から投稿される映像に触れる機会は大きいですからね。

日本人だけがアップロードする日本語版だったら、なんだかスケールが小さなユーチューブになりそうです。

米グーグルのデービッド・ユン副社長は、以下のように言っています。

ユーチューブの英語以外の翻訳版を検討するうえで、日本語のサービスは最も重要な一つと考えている。(投稿サービスを)無料で提供する上で欠かせない広告についても、日本の広告会社と相談したい

Pocket
LINEで送る