東京が世界で最も富裕な都市、イギリス会計事務所の調査より

Pocket
LINEで送る

IBTimes『世界で最も富裕な都市は東京』より

英国会計士事務所のプライスウォーターハウスクーパーズがこのほど実施した調査によると、首位の東京と第2位のニューヨークに次ぎ、ロンドンが世界3大富裕都市にランクインした。香港は14位にランクイン。

イギリスの会計事務所「プライスウォーターハウスクーパーズ」が、世界中から100の大都市をピックアップし、「人口」「平均収入レベル」「GDP」を計算しランク付けしたところ、東京が世界で一番の裕福な都市ということです。

おそらく、日本人の多くの人が「??」と疑問に思う調査結果でしょう。

日本は現金はありますが、その多くは眠っているお金、つまり、将来に備えて蓄えているタンス預金になっているお金です。

1500兆円もあると言われています。

日本政府は、この眠っている1500兆円を引き出す政策をすれば、日本は一気に実感レベルで感じることができるくらい景気を上げることができるのではないでしょうか。

同会計士事務所は更に、今後2020年までに、経済の急成長が見込まれる国の都市として、中国の北京と上海、インドのムンバイ、トルコのイスタンブールなどが上位30都市にランクインすると予測している。

僕はこういった世界の動向が好きなんですね。

今までにも、当ブログではこんなニュースを扱ってきました。

2006年12月07日
世界の成人人口の1%が世界の富の40%を保有

2006年11月10日
「人間の豊かさ」日本は世界で7位 「人間開発報告書」発表

2006年10月18日
アメリカの人口が3億人に、12%が移民

2006年09月27日
国際競争力 日本は7位に上昇、アメリカは6位に下降、1位はスイス

2006年09月12日
円、外貨準備でポンドに抜かれ4位に転落。。

2006年06月29日
世界で最も生活費が高い都市ランキング 1位はモスクワ、東京は3位

2006年06月26日
世界一住みやすい町はスイスのチューリヒ、東京は35位

2006年05月24日
アメリカへの留学生が減少 1位はインド、2位は中国、日本は4位

Pocket
LINEで送る