米MicrosoftがGoogle対抗策として米Yahooを買収か?

Pocket
LINEで送る

CNET Japan『マイクロソフトがヤフーの買収に乗り出しか–米紙報道』より

米Microsoftが米Yahooの買収に食指を動かしていると、米New York Post紙が報じている。同紙によれば両社はここ数年の間非公式な形で話し合いを続けており、MicrosoftがYahooに対して数カ月前に買収を申し出たとのこと。ただし、この件に関してYahooの態度はそっけないものだったという。

いやぁー、このニュースにはびっくりしました。僕は今朝、新聞でこのニュースを知ったのですが、「えっ、ウソ!?」って感じで一気に目が覚めましたから。。

米Microsoftとしては、GoogleがDoubleClickを買収したことで、インターネット広告におけるGoogleの独占を恐れてのことだと思います。


でも、いろいろネットのニュースをチェックしてみると、1年前にも米Microsoftと米Yahoo!が合併してGoogleに対抗しようという動きはあったようですね。僕は知りませんでした。

でも、実を結ぶことなく終わったそうです。

そして、今回も1年前と同様に、これといった具体的な動きまでには行かなかったようです。

しかし、今後、なんらかの形で米Microsoftと米Yahooが合併・統合する可能性はありそうですね。

去年か一昨年にGoogleとAmazonが合併してGooglezonとかいう会社ができると予言していたアメリカ人がいましたが、MicrosoftとYahooが合併したら、「Microhoo」とかいう変な名前になったりして。。。

※追伸(2007年5月7日)
イザ!の「MS、ヤフーに危機感 検索市場でグーグル独走」という記事に、ウォールストリート・ジャーナル(電子版)などから集めたMicrosoft、Yahoo!、Google3社の比較がありました。

こうやって数字で3社を見ていくと、ニュースの記事だけでは見えない部分が見えてくるかもしれません。

Microsoft Yahoo! Google
市場価値 2960億ドル 380億ドル 1470億ドル
オンライン検索のシェア 10.9% 27.5% 48.3%
従業員 76500人 11700人 12200人
2006会計年度総収入 442.8億ドル 64.3億ドル 106億ドル
2006年オンライン広告収入 22.9億ドル 45.6億ドル 73億ドル
設立 1975年 1994年 1998年

現状では、Microsoftが頭一つ抜け出していても、将来性だとGoogleということなんでしょうね。

Pocket
LINEで送る