米ヤフー、ユーザーが実際に視聴した広告で1位

Pocket
LINEで送る

ITpro『米国インターネット広告,最も視聴されているのはYahoo!サイト』より

2007年11月に米国でユーザーが実際に視聴した広告はYahoo!サイトに掲載されたものが最も多く,全体の18.8%を占めた。

マイクロソフトによる買収提案で話題の渦中の米ヤフーですが、広告メディアとしての露出価値はすごいものがあるようですね。

米調査会社のcomScoreは、動画広告,テキストリンク,検索連動型広告を含まない「掲載サイト別インターネット広告視聴状況」を発表し、米ヤフーが1位だったということです。


以下、ベスト15です。

Yahoo!:18.8 %
Fox Interactive Media:16.3 %
Microsoft Sites:6.7 %
Time Warner Network:5.8 %
FACEBOOK.COM:1.5 %
eBay:1.2 %
Google Sites:1.0 %
Viacom Digital:1.0 %
United Online:0.5 %
Amazon Sites:0.4 %
New York Times Digital:0.4 %
CBS Sports:0.3 %
COMCAST.NET:0.3 %
PHOTOBUCKET.COM:0.3 %
BEBO.COM:0.3 %

ComScore Releases Rankings of Top U.S. Internet Properties Based on Number of Display Ads Delivered

Pocket
LINEで送る