内藤大助 × 坂田健史 × 亀田興毅、ボクシングフライ級

Pocket
LINEで送る

7月30日にボクシングフライ級のダブル世界戦がありましたが、WBCチャンピオンの内藤大助、WBAチャンピオンの坂田健史、WBA1位の亀田興毅の三つ巴になりそうですね。

亀田興毅としては弟の大毅の敵討ちとして内藤大助と試合をしたいのですが、亀田興毅はWBA。

通常ならWBAのチャンピオン坂田健史が相手となりますが・・・。


協栄ジムの金平桂一郎会長はダブル世界戦の翌日7月31日に次のように言っています。

「近日中にオファーを出します。興毅はWBAの1位ですし、受けなければ坂田から逃げたとみなします」

同日、坂田健史は次のように言っています。

「指名試合で亀田君とやるかもしれないし、(WBCとの)統一戦も夢ではないと思う」

内藤大助が所属するジムの宮田博行会長は次のように言っています。

「(亀田興毅を)挑戦者の1人として考えなくてはいけない。亀田君の争奪戦となるのは、情けないから避けたい。固執するわけでない。」

肝心の内藤大助は次のように言っています。

「(パフォーマンスについては)プロだからあれぐらいはいい。ファンが喜ぶカードをしたいし、しなきゃいけないと思う。」

亀田興毅は改めて次のように言っています。

「俺は誰からも逃げない。ただ俺の中で大毅が負けた内藤選手の方が優先順位が高いだけ。坂田選手とはその後でいつでもやる」

そして、今日のニュースだと、坂田健史が亀田戦にこだわらず、WBAの指示する指名挑戦者と対戦する方針を決めたようです。

理由は「(亀田興毅が坂田健史と)戦いたくないなら仕方ない」ということです。

そして、今後は5度目の防衛、そして1階級上のスーパーフライ級に転向し、2階級制覇を目指すということです。

これで、WBAが坂田健史の対戦相手として亀田興毅を指名しなければ、内藤大助 vs 亀田興毅の試合が現実味が高まります。

個人的に見たいのはこのカードなんですけどね。

どうなるんでしょうか?

坂田vs内藤vs興毅 三つ巴バトルぼっ発

坂田「脱亀田」V5達成後2階級制覇狙う

Pocket
LINEで送る