無料アクセス解析「グーグル アナリティクス」がFlashサイトの解析も可能に

Pocket
LINEで送る

INTERNET Watch『「Google Analytics」がFlashコンテンツのアクセス解析に対応』より

米Googleは17日、アクセス解析サービス「Google Analytics」で、Flashコンテンツの解析に対応した。

Flashサイトと言えば、今年7月に検索エンジンのクローラーもFlash内のリンクをクロール可能になるというニュースがありました。

今度はグーグルが無料で提供しているアクセス解析「Google Analytics(グーグル アナリティクス)」がFlashサイトでもアクセス解析ができるようになりました。


Flashサイトもやっと見た目だけの派手さのあるサイトから、解析してデータを収集できるサイトへとなってきているんですね。

まぁ、「今さらかよっ」とツッコミを入れたくもなりますが。。

仕組みとしては、Flashのプログラミング言語「ActionScript 3」に、Google Analyticsのトラッキングコードを埋め込む形になる。

ActionScriptもバージョン3なんですね。。もう、僕がバリバリにスクリプトを書いていた頃とは全く別物になっているのかな?

オブジェクト指向とか、もうデフォルト状態だったり。。

現時点でこのトラッキングコードは、JavaScriptバージョンと同じように、キャンペーン追跡、ページビュー、イベントトラッキングなどの機能を提供している。そのため、今後はGoogle Analyticsを使って、Flashで作成された動画サイトやウィジェット、オンラインゲームなどのコンテンツにユーザーがどのように反応するかを、Google Analyticsのビジュアルを使って分析、追跡できるようになる。

オールフラッシュサイトでも、ユーザーの行動を追うことができるんですね。

ECサイトなどでは、ユーザーがどう行動したのか分からないと対策の練りようがないですからね。

アクセス解析はウェブサイトの身体検査のようなものです。

定期的に行うのがベストですね。

Google Analytics Blog: Want to track Adobe Flash? Now you can!

Google Analytics Tracking for Adobe Flash – Google Analytics Tracking Code – Google Code

Google Analytics

Pocket
LINEで送る