ドコモからAndroid(アンドロイド)を搭載したスマートフォン「HTC Magic」発売予定

Pocket
LINEで送る

MSN産経ニュース『NTTドコモ、台湾メーカー製のグーグルフォン発売へ』より

NTTドコモが6月にも米グーグルのOS(基本ソフト)を搭載した高機能携帯電話「スマートフォン」を発売することが14日、明らかになった。来週に正式発表する。

とうとう日本でもグーグルが無償提供している携帯電話ソフトウェアのプラットフォーム「Android(アンドロイド)」が搭載されたスマートフォンが発売されるようですね。

まずは、NTTドコモから。

端末は日本メーカーではなく、台湾のHTCが製造するスマートフォン「HTC Magic(HTCマジック)」。

HTC Magic

上の写真はイギリスのvodafone(ボーダフォン)から発売されている「HTC Magic」の端末で、今度ドコモから発売される端末ではないです。


「HTCマジック」は「iPhone」のようにタッチパネルで操作する端末です。

YouTubeには「HTCマジック」を操作した動画が公開されています。

Video Tour: HTC Magic

Android(アンドロイド)端末はグーグルが無償提供しているので、Googleサービスとの相性は抜群です。

YouTube(ユーチューブ)はもちろんGoogle Mapsやストリートビューなどが利用できます。

アンドロイドは、グーグルが中心となって開発し、OSとその上で稼働する「ミドルウエア」と呼ばれるソフトを無償で端末メーカーに公開している。有償OSは端末価格の上昇要因とされており、グーグルではOSを無償公開することで、端末の開発コストを抑制してメーカーを取り込む狙いがある。

パソコンではOS戦争には出遅れ手を出さなかったグーグルですが、携帯では他社に遅れずにOSに手を出しています。

OSというプラットフォームは無償で提供していも、それよって自社サービスの利用率が高まり、アドワーズ広告の露出量が高まれば、利益が出るという狙いでしょう。

「Android(アンドロイド)」というネーミングですが、2005年8月にグーグルがアンドロイド社を買収したので、そのまま「Android(アンドロイド)」という名前が採用されたのでしょう。

覚えやすくて、かっこいいネーミングだと思います。

ちなみに、世界初の商用Android搭載端末はT-MobileのG1です。

T-MobileのG1

NTTドコモから発売されるアンドロイド搭載端末はどんなデザインになるのでしょうか?

今週中に詳細が発表されるとか。

ところで、NTTといえば、世の中が不況で困っている中、6年ぶりに国内最高益をたたき出しました。

Yahoo!ニュース『NTT不況知らず 6年ぶり国内最高益』より

NTTの平成21年3月期連結営業利益が前期比14・9%減の1兆1097億円となり、6年ぶりに上場企業でトップとなることが確実になった。

通信業界は景気に左右されにくいんですね。

不景気でも携帯電話を手放す人はほとんどいないでしょう。

こんな中、NTT陣営は「儲け過ぎ批判」を恐れているようです。

Yahoo!ニュース『トヨタが転げて図らずも国内最高益 NTT陣営が恐れる“儲け過ぎ批判”』より

昨年秋以降の世界的な景気後退の影響により、トヨタ自動車を筆頭とした国内の自動車産業が“総崩れ”になったことで、事情が一変した。図らずも6年ぶりに「NTT」(グループ全体)が、国内上場企業の営業利益で首位に返り咲き、「NTTドコモ」(携帯電話事業)が2位になる可能性が濃厚になってきたのである。

NTTとNTTドコモが国内上場企業の営業利益(本業の儲け)でワンツーフィニッシュになる可能性がでてきたということです。

NTTは、2010年中に議論が再開されることになっている「NTT再々編問題」を目前にした時期に、「国内最高益の一位と二位を独占」などと妙な目立ち方をしたくない。そして、グループの純利益で約70%以上を稼ぐドコモは、2010年以後の通信業界で鍵を握る“虎の子”なので、なるべく傷をつけたくない。

NTTもそうですが、JRも再編問題があると思いますね。

駅ビルや駅地下といった空中権と地中権を使ったビジネス展開は、民営化されるときには個々まで栄えるとは予想もしていなかったでしょう。

今や、駅前でも駅前として機能しなくなっていますからね。

駅から出る必要がないですから。

Pocket
LINEで送る