視聴率だけでは足りない、録画率も!でも、足りない。。

Pocket
LINEで送る

Infoseekニュース『「視聴率」「録画率」こんなに違う』より

視聴率vs録画率vsYouTube

「今のデジタル時代は視聴率だけではあてにならない、録画率も換算しろ」ということですが、視聴率と録画率だけでは十分ではないでしょう。

合法でも違法でも、ネットにアップロードされた動画の視聴回数も換算すべきだと思います。

視聴率はもはや亡霊のようなものだと考えている。問題なのはビデオやDVDに録画したテレビ番組をそれだけ見ていても、視聴率に積算されないことだ。視聴率1位の番組が、視聴者にもっとも支持された番組だとは限らないのだ

ビデオリサーチによると、関東地区の4/27〜5/3の視聴率ベスト5は以下の番組だったそうです。

1位:ネプリーグ

2位:はねるのトびら

3位:NHKニュース

4位:首都圏ニュース

5位:ぐるぐるナインティナイン

でも、「TVガイド」が調べた録画率のベスト5は・・・、

1位:鋼の錬金術師

2位:けいおん!

3位:婚カツ!

4位:BOSS

5位:アイシテル

と視聴率とは全く違う番組が並んでいます。

デジタル機器が普及した現在では、いい番組、興味がある番組だからこそ、録画して都合のいい時間に見る、これが普通の視聴スタイルになっています。少なくとも我が家では見たい番組はほとんど録画してから見ている。それが反映されないのでは“視聴率は番組に対する絶対的な評価としては機能してない”といわれても仕方ありません

全くその通りですね。

僕はテレビを生で見ることってないですね。見たい番組はハードディスクレコーダーに録画して、時間のとれた時に観ます。

ちなみに、「TVガイド」の録画率はパソコンを使った録画予約のみの計測です。

R25『どうやって測定している?「録画率」の謎を調査してみた』より

弊社のPCサイト『インターネットTVガイド』に、iEPGというテレビ番組録画予約方式を使った番組録画機能があるのですが、そこでどれだけ録画ボタンが押されたかを集計して算出しています。だから、PCを使った録画予約のみになってしまいますね。ユーザーさんも限定されるし、集計数も数千単位とそれほど多くはありません。ただ、20~30代の男性によく使っていただいている傾向があるので、話題作のちょっとした目安になればと思っています

つまり、パソコンを使って録画をしていない人の録画率は換算されていません。

ちなみに、僕はパソコンで予約するのではなく、地道にリモコンで録画予約しています。。

あと、今はテレビ番組をYouTubeで見る時代にもなっています。基本的に違法アップロードが多いですが。

そして、話題になったテレビ番組はクチコミで広がり、すごい視聴回数になります。

それこそ、「most view」のランキングに入るくらい。

だから、YouTubeなどの動画共有サイトの視聴回数も換算すべきですよね。その方が正確です。

もちろん、CM部分はアップロードされていない動画がほとんどなので、テレビ局や広告代理店、そして広告主からしてみれば大いに問題がある状況だと思います。

でも、だったら、番組内にCMを入れればいい。

以前見たマラソンの番組は、CMがほとんどなかったんですよね。

マラソンって休憩がないスポーツなので、CMが入るとその部分を見逃すということなので。

でも、番組の下の方に定期的に音なしのCMが流れるんです。

思ったほど、ウザくなかったです。それよりも、マラソンが中断されてCMを見る方がウザイですね。

このように、CMが番組内に入っていたら、ネットにアップロードされてもCMは視聴されます。

それこそ、話題になった動画は何万回もCMが視聴されます。

広告主としたら、ラッキーな状態でしょう。

それこそ、ネットにアップロードされて話題になるような番組に広告を出したいと思うでしょう。

デジタル時代はCMスキップが簡単で身近な時代です。

僕の使っているハードディスクレコーダーは30秒スキップボタンがあるので、CMは基本的にスキップです。

すごく便利です。番組のコンテンツに集中できます。

僕が中学生くらいだったでしょうか?まだ、VHSテープが全盛だった時代にCMスキップ機能がついたVHSレコーダーがどっかのメーカーから販売されたんですよね。

CMをスキップして番組だけを録画してくれるVHSレコーダーです。

すごく魅力的に感じた記憶があります。

でも、あっという間に姿を見なくなりましたが・・・。しかも、他社も追随せず。。

おそらく、大手広告代理店などから圧力があったのでしょう。

広告代理店からしてみれば、CMをスキップされたら商売にならないですからね。

そういえば、2006年にアメリカで流行ったTiVo(ティーボ)が日本にも入ってくるという話がありましたが、未だに入ってきませんね。

TiVo(ティーボ)はハードディスクにテレビ番組を録画できる機械ですが、CMもスキップできるんですよね。

おそらく、こちらも大手広告代理店などから圧力があって、入ってこないのでしょう。

でも、この状況ってなんだかおかしいと思います。

CMをスキップする機械、そして機会を排除するのではなく、CMの見せ方を工夫する方にエネルギーを使って欲しいなぁーと思います。

もう、番組の途中でCMを見せるというスタイル自体が時代遅れというか、時代にマッチしてないと思うんですよね。

Pocket
LINEで送る