米マイクロソフトと米ヤフーが検索とネット広告で提携

Pocket
LINEで送る

米時間7月29日に、アメリカのマイクロソフトとヤフーが提携しました。

090731_4.gif

このニュースを初めて聞いた時、まず最初に浮かんだのがヤフー前CEOのジェリー・ヤンの顔でした。。

今頃、ジェリー・ヤンはどんな心境なんでしょうか・・・?

では、肝心のマイクロソフトとヤフーの提携内容をざっとまめています。


米マイクロソフトと米ヤフーの提携内容

・提携の契約期間は10年間。

・Yahoo!検索はMicrosoftの「Bing」に。
といっても、見た目はYahoo!検索のまま。中身が「Bing」に置き換わり、検索結果のページには「Powered by Bing」と表示される。

・提携から5年間はMicrosoftがYahoo!にトラフィック獲得コストとして収益の88%を支払う。

・Microsoftは10年間の提携期間中、Yahoo!の検索技術にアクセスする権利と、その技術をMicrosoftの検索技術に組み込む権利を得る。

・メールやインスタントメッセージ、ディスプレイ(バナー)広告などの分野においては提携せずに、両社ともに独自の技術でやる。

・検索広告のような小口広告の広告主に対する営業窓口は、両社ともMicrosoftの「AdCenter」を使用。

・両社が持つ大口広告顧客に対する営業とマーケティング活動はYahoo!が独占的に請け負う。

こんな感じです。

米ヤフー検索は中身のアルゴリズムが「Bing」になるんですね。

ということは、日本のヤフーにも多少影響するかもしれませんね。

米ヤフーと日ヤフーは別会社ですが、日ヤフーの検索アルゴリズムは米ヤフーのアルゴリズムに日本独自のアルゴリズムを載せている形のようですからね。

米ヤフーでWeather Reportが発表されると、日ヤフーでも検索結果の更新がされることが多いですからね。

今までヤフーで上位表示できなかったサイトでも、MSNで上位表示されていれば、ヤフーでも上位表示する可能性が出てきました。

なんだか、おもしろくなりそうですね。

話をアメリカに戻しますが、米マイクロソフト(8.4%)と米ヤフー(19.6%)が提携しても、アメリカの検索シェアではグーグル(65.0%)の半分にも及びません。

詳細は「2009年6月、アメリカの検索エンジンシェア(comScore)」を見て下さい。

今回の提携によって、どれだけグーグルの検索シェアを奪えるのでしょうか?

注目ですね。

マイクロソフトは「Bing」のシェアアップにはかなり力を入れていますからね。

テレビCMもすでに2本打っています。

マイクロソフトの新検索エンジン「Bing」のテレビコマーシャル動画

マイクロソフト、「Bing」のテレビコマーシャル(TV CM)第2弾リリース

参考:

Microsoft Press Release: Microsoft, Yahoo! Change Search Landscape

提携サイト:Choice. Value. Innovation.

Internet Watch: MicrosoftとYahoo!が提携、検索事業で10年契約

Internet Watch: MicrosoftとYahoo!が検索事業で提携、Yahoo!の検索エンジンはBingに

Nikkei Net: マイクロソフトと米ヤフー、新たな提携で手にするものとは?

CNET Japan: マイクロソフトと米ヤフー提携の影響–それぞれが得るものと失うもの

Pocket
LINEで送る