2016年オリンピックのプレゼン動画比較、リオ・マドリード・東京・シカゴ

Pocket
LINEで送る

先日、2016年のオリンピックがブラジルのリオデジャネイロに決定しました。

IOC(国際オリンピック委員会)による3回にわたる総会投票は以下のような結果でした。

1回目
リオデジャネイロ(ブラジル):26
マドリード(スペイン):28
東京(日本):22
シカゴ(アメリカ):18

2回目
リオデジャネイロ(ブラジル):46
マドリード(スペイン):29
東京(日本):20

3回目
リオデジャネイロ(ブラジル):66
マドリード(スペイン):32

この3回に渡る投票の結果、ブラジル初のオリンピックが2016年に開催されることが決定しました。

YouTubeには各国のオリンピック開催国を得るためのプレゼン動画がアップされているのですが、それぞれ見てみたいと思います。

さすがにアップされているすべての動画を掲載することはできませんが、いくつかピックアップします。

そして、このプレゼン動画でもリオデジャネイロのクオリティが一番高いことが分かります。


では、まずは2016年五輪開催国となったブラジル・リオデジャネイロの動画から。

この動画が個人的には一番クオリティが高いと感じました。

Rio 2016

次にスペインのマドリード。

Madrid 2016

東京は複数の動画をピックアップ。個人的には東京は大好きな都市の1つですね。

Tokyo 2016: Musubi Sashes

Tokyo 2016: Introducing the City

Tokyo 2016: ‘Setting the Stage for Heroes: City’ (Lausanne IOC Presentation Video)

Tokyo 2016: ‘Setting the Stage for Heroes: Venues’

Tokyo 2016: Tokyo Colors

最後はアメリカのシカゴ。オバマ大統領の地元であり、ミシェル夫人と二人で現地に乗り込みましたが、1回戦で敗退でした。

Chicago 2016 Olympics

Chicago 2016 candidate city

僕としては、2016年のオリンピックはシカゴかリオデジャネイロと予想していました。

というのも、2008年は同じアジアの中国でしたから、東京はないかなと。

そして、2012年はロンドンなので、同じヨーロッパのスペインはないかなと。

というわけで、消去法でシカゴかリオデジャネイロかなと。

シカゴの方は可能性は高いと思っていましたが。。

やっぱり、今の世界同時不況はアメリカ発ですから、アメリカが元気を取り戻してくれないと、根本的に解決しないような気がしますし、黒人初の大統領オバマさんの地元でもありますし。

しかし、ブラジルのリオデジャネイロに決定。

ブラジルといえば、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の1国です。

2039年にはBRICsの合計GDPがG6(米国、日本、ドイツ、英国、フランス、イタリア)+スペインの合計GDPを抜くという予測もされています。

2016年のブラジルオリンピックが、BRICsのさらなる発展を加速することは間違いないでしょう。

Pocket
LINEで送る