普段、クラシック音楽を聞かない人でも一瞬で好きになるクラシック音楽

Pocket
LINEで送る

先日、遅ればせながら「のだめカンタービレ」を全巻読破しました。

のだめカンタービレ 1-24巻セット (講談社コミックスキス)
のだめカンタービレ 1-24巻セット (講談社コミックスキス)
↑今なら中古で4600円で全巻買えますよ。1冊たった191円です。

「のだめカンタービレ」を読んで思ったのは、クラシック音楽のことをまるで知らない僕のような人間にとっては、最高のガイド本ということ。

クラシック音楽の入り口としては、かなり楽しめながら詳しくなることができます。

ただ、漫画を読んでも音は聞こえてこないので、すべての曲をYouTubeでチェックしながら読みました。

そこで、僕が気に入った「普段、クラシック音楽を聞かない人でも一瞬で好きになるクラシック音楽」をご紹介します。

ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43」

Rachmaninoff’s “Rhapsody on a Theme of Paganini”

美しすぎる旋律。まるで空を飛んでいるような気分になれます。

ショパン:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
ショパン:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
↑ 23曲目の「パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43 Variation XVIII:Andante cantabile」を試聴。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調
↑ 「パガニーニの主題による狂詩曲op.43」の22番を試聴。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
↑ 23曲目の「パガニーニの主題による狂詩曲 作品43 ピアノと管弦楽のための Variation XVIII.Andante cantabile」を試聴。

ドビュッシーの「月の光」

Debussy, Clair de lune (piano music)

まるで天国へ連れて行ってくれるような曲です・・・。

月の光 〜ドビュッシー / ピアノ名曲集
月の光 〜ドビュッシー / ピアノ名曲集
↑ ディスク1の3曲名を試聴。

ドビュッシー : 月の光、亜麻色の髪の乙女
ドビュッシー : 月の光、亜麻色の髪の乙女
↑ 7曲目の「ベルガマスク組曲~月の光」を試聴。

映画のサントラ「Somwhere In Time」

Somewhere in time

映画「ある日どこかで」で出てくる1曲。

気付いたら、瞳に涙が・・・。そんな曲です。

Somewhere In Time (1998 Re-recording)
Somewhere In Time (1998 Re-recording)
↑ 映画のサントラ。ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」も収録。

ある日どこかで [DVD]
ある日どこかで 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
↑ 映画のDVD。

ショパンの「ノクターン(夜想曲第2番変ホ長調作品9-2)」

Frédéric Chopin – Nocturne in Es groot, Op 9, nr. 2

星空の彼方へと連れて行ってくれるような曲です。

ショパン:ノクターン(全曲)
ショパン:ノクターン(全曲)
↑ ディスク1の2曲目「夜想曲第2番変ホ長調op.9-2」を試聴。

ショパン:ノクターン全集(通常盤)
ショパン:ノクターン全集(通常盤)
↑ ディスク1の2曲目「ノクターン 第2番 変ホ長調 作品9-2」を試聴。

クラシック音楽を題材した漫画は「のだめカンタービレ」だけでなく「ピアノの森」もかなりオススメです。

ピアノの森 1 (モーニングKC (1429))
ピアノの森 1 (モーニングKC (1429))

Pocket
LINEで送る

YouTubeで聴く!のだめカンタービレに出てくるクラシック音楽一覧