英単語が試験に出る順に並んでいる「試験に出る英単語」はサラリーマンにも人気

Pocket
LINEで送る

今日の「がっちりマンデー!」という番組でロングセラー商品として紹介されていたのが英単語帳「試験に出る英単語」。

試験にでる英単語―耳から覚える
試験にでる英単語―耳から覚える

「試験に出る英単語」は受験生なら必ず持っている英単語帳だそうです。

そして、今や、受験生だけでなく、サラリーマンにも売れているそうです。

そのワケとは・・・?


「試験に出る英単語」は1967年に発売されて以来、累計1488万部も売れている超ロングセラー商品。

本屋の店員いわく「置いているだけで売れてくれる非常にありがたい商品」ということ。

「試験に出る英単語」が長い間に渡って売れている理由は次の2つ。

(1)1つの単語に1つの和訳だから効率的に単語を覚えられる。

(2)ABC順ではなく、試験に出る順で単語が並んでいる。

著書の森 一郎さんは1955年から13年間、東大進学率が高い「都立日比谷高校」の英語の教師でした。

その頃、入試に必要な英単語は1万語とされていましたが、森 一郎さん「これでは多すぎる」と、入試に出てくる英単語を徹底的に分析。

そして、最も重要な1274語を厳選し、絞り込んだ。

そして「試験に出る英単語」というズバリなネーミングで出版して大ヒット。

発売して43年が経過するが、CDがついて少しサイズが大きくなっただけで、デザインも中身のほとんど変わっていない。

1975年に時事的な単語を6語追加、1997年に暗記用シートが追加。これだけしか変わっていない。

ここでふとした疑問。

『「試験に出る英単語」に出ていない単語をわざと使って試験問題を作ったら??』

著書の森 一郎さんは次のように答えます。

『この本以外から試験を出そうとしても、それでは英文が作れない。』

早稲田予備用の英語教師も『「試験に出る英単語」は、本当に試験に出るわけですよ。よくまとめていますね。一種、普遍的な本です。』とプロも絶賛。

そして、サラリーマンにも人気な理由は、「試験に出る英単語」に出てくる1274語の英単語は、普通の英語の文章を読む時にも絶対に出てくる単語だから。

仕事で英語を使う人にとっても、「試験に出る英単語」は非常に効率の良い勉強法になる。

耳から覚える 試験にでる英熟語―実証データが決定的急所をズバリ公開
耳から覚える 試験にでる英熟語―実証データが決定的急所をズバリ公開

英単語はこう覚える―アタマに残る1062語 (青春新書)
英単語はこう覚える―アタマに残る1062語 (青春新書)

Pocket
LINEで送る

スピードラーニングってどんな英語教材なの?Speed Learningとは