リコーGR DIGITAL3の購入フォトレビュー、他のデジカメは使えません・・・

Pocket
LINEで送る

僕は今年5月、憧れだったコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR DIGITAL III」を購入しました。

111026_1.jpg

GR DIGITALといえば、高額デジタルカメラという印象があります。

発売当初、僕の記憶だと7万円台でした。

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)に7万円ってちょっと高いですよね〜。。

でも、僕が買った今年5月の時点では、Amazonで36,800円でした。

僕は「半額じゃん・・・」と思い、念願の「GR DIGITAL3」を手にしたのです。

その後、33,000円まで価格が落ちましたが、GR DIGITAL4が10月20日に発売されてからは、逆に値上げし、今日は50,800円で販売されています。

もう製造されないとなると、途端にプレミアが付き、価格が上がるんです。

GR DIGITAL4の価格は71,800円なので、僕は良い時期に買ったなぁ〜と思いますね。

今なら最新型も型落ちも5万円以上ですから。

ちなみに、当ブログの写真も今年6月以降は「GR DIGITAL3」で撮ったものです。

では、ここからはフォトレビューをしていきたいと思います。

リコー GR DIGITAL3の外観フォトレビュー

111026_2.jpg

電源OFFにした時の顔です。カメラ通が好きそうな見た目ですよね。

持った感じもグッときます。質感も高級な感じで良いですね。

カメラを持つ喜びが味わえます。

111026_3.jpg

バックショットです。

ディスプレイが大きくていいですね。

ボタンの操作性もすごく良いです。

111026_4.jpg

上からはこんな感じです。

111026_5.jpg

箱です。

111026_6.jpg

内容物一覧です。

SDHCカード

SDカードは東芝製の16GBにしました。

111026_7.jpg

東芝 SDHC カード 16GB 高速タイプ クラス4 SD-K16GR6W4 並行輸入品海外パッケージ
東芝 SDHC カード 16GB 高速タイプ クラス4 SD-K16GR6W4 並行輸入品海外パッケージ

正確にはSDHCカードですが、SDカードのバージョンアップ版みたいなものです。

GR DIGITAL3は動画機能もありますが、オマケみたいなものです。

多くのGRユーザーは写真だけに使っていると思います。

僕もGRは写真だけです。動画を撮る場合はiPod touchを使っています。

写真がメインなら、SDHCカードはクラス4で十分です。

本当なら多くのプロが使っているSanDiskのSDHCカードを買いたかったのですが、ちょっと高いので一眼レフデジカメを買った時にこれは買おうと思います。

SanDisk SDHCカード ExtremePro SDHC UHS-1 32GB SDSDXP1-032G-J95
SanDisk SDHCカード ExtremePro SDHC UHS-1 32GB SDSDXP1-032G-J95

お金に余裕のある人は、こっちの方がいいでしょうね。

SDHCカードはあまり安いものは買わない方がいいと個人的には思っています。

というのも、せっかくたくさん写真を撮ってもSDHCカードが壊れたらデータがすべて一気になくなってしまいますからね。

思い出がすべて吹っ飛びます。だから、値段だけで決めない方がいいと思います。

液晶ディスプレイ保護フィルム

あと、ぜひ買っておきたいものに液晶ディスプレイ保護フィルムがあります。

高防汚・プロガード ARSH PRO GUARD ARSH HD Professional Anti-Reflection Super Hydrophobic for RICOH CX5,4,3,2,1,- GR DIGITAL IV,III GXR / DCDPF-PGRICX
高防汚・プロガード ARSH PRO GUARD ARSH HD Professional Anti-Reflection Super Hydrophobic for RICOH CX5,4,3,2,1,- GR DIGITAL IV,III GXR / DCDPF-PGRICX

↑これが一番おすすめです。

夏とか汗で指紋がべったりとなりますからね。

でも、液晶ディスプレイを直接拭くと、ディスプレイに細かいキズが付きます。

保護フィルムを張っておけば、そんな心配もなくなりますからね。

安心して指紋を拭き取ることができます。

111026_8.jpg

111026_9.jpg

GR DIGITAL3で初めて撮った写真

僕が「GR DIGITAL3」を初めて使った日は、美術館に絵を見に行く日でした。

美術館に入る前に、カフェでお茶しながら、取扱説明書を見て、GR DIGITAL3の使い方を調べていました。

そして、あまり使い方が分かっていない状態で初めて撮った写真がこれです。

111026_10.jpg

この写真はいっさいPhotoshopなどの画像編集ソフトで編集していません。

撮れたままの色です。

僕はこの最初の写真を液晶ディスプレイで見たときに、「なんて良い色の写真なんだ!」と思ってしまいました。

オートで何も考えずに撮っただけなんですけどね。

111026_11.jpg

これは2枚目です。

このカフェは薄暗かったのですが、それがまたドラマチックな雰囲気を醸し出しています。

111026_12.jpg

これはマクロで撮りました。1cmくらいだから、かなり近いです。

GR DIGITALの強みの1つに、強力なマクロ機能があります。

物を撮る時って、カメラを被写体に近づけることって多いですから、良い写真を撮るためには必要な機能だと思いますね。

あと、ホワイトバランスを簡単に調整できるのもいいですね。

僕は「ちょっと暗いなぁ〜」と思ったら、ホワイトバランスで調整して、ベストな明るさにしています。

このデジカメを使うと、他のコンパクトデジタルカメラを使う気が起こりませんね。。

なんというか、持つ喜びというのを感じられます。

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3
RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3

Pocket
LINEで送る