リーデル(RIEDEL)のワイングラスセミナーに参加してみました。

Pocket
LINEで送る

先日、ワイングラスブランドのリーデル(RIEDEL)のワイングラスセミナーに参加してきました。

ワインってチーズやアーモンドと一緒にチビチビと飲めるのがいいですね!

僕はワインについてはそれほど詳しくないですが、ワインは香りと共に楽しむものらしいです。

そして、その香りに一番影響するのがワイングラスみたいですね。

僕が知る限り、ワイングラスで有名なのはリーデル(RIEDEL)だったので、ワイングラスセミナーに参加してみたというワケです。

90分のセミナーで参加費4200円でした。

でも、リーデル(RIEDEL)のワイングラスを1つもらえるので、すごくお得なセミナーでしたね。

実際にセミナーで使った4つのグラスから選ぶことができたのですが、赤ワイン用のグラス「ZINFANDEL(ジンファンデル)」を選びました。

リーデルのワイングラス

これ、普通に買うと3150円なので、プラス1050円でワイングラスセミナーを受けることができました。そういう意味では、お手頃なセミナーだったと思いますね!

リーデルのワイングラスと普通のワイングラス

左が普通のワイングラスで、右がリーデル(RIEDEL)の「ZINFANDEL(ジンファンデル)」です。

2つ並べてみると、リーデルの方がすごく大きいのが分かります。

これはワインの香りを引き出すためみたいですね。

ワインの香りを引き出すために、ワインはグラスの真ん中より下くらいまで注ぐのがベストみたいです。

ワインの飲み方

ワイングラスにワインを注いだら、まずは鼻をグラスにできるだけ近づけ匂いをかぎます。

そして、次はスワリングします。

スワリングとはグラスをクルクルと回すことです。

そして、また匂いをかぎます。

すると、先ほどとは違う豊かな匂いがすることに気づきます。

ただ、このスワリングすごい難しいです。

慣れるまで時間がかかりそうですね。

最初はテーブルの上にグラスを置いた状態でスワリングするといいそうですが。

それから、実際に飲みます。

飲む時はワイングラスが鼻に近づくので、匂いを感じながら味も感じます。

喉を通る感覚にも意識します。

ワインはグラスによって匂いも味も異なるように感じる

セミナーでは白ワイン用に2種類、赤ワイン用に2種類のグラスを使いました。

そして、ワインの種類によって形状の違うグラスを使いました。

さらに、リーデルのものではないダメなワイングラスも1つ使いました。

この5種類のワイングラスで匂いや味を比較しながら飲みました。

実際、ビックリするくらい匂いが変わるんですよね。

で、匂いが違うと味も違うように感じるんです。

ホント、不思議です。

ワインって奥が深いので、今後も数年かけて楽しみたいと思っています!

イタリアとか行って、美味しいパスタ食べながらワインでも飲みたいですね!

リーデル(RIEDEL)のワイングラスが売っている店

リーデル(RIEDEL)のワイングラスが売っている店はあまりないんですよね。

青山、渋谷、新宿、池袋、横浜、大阪に店があります。

でも、インターネットでも買うことができます。

誕生日や結婚式のプレゼントとかにもいいですよね!

二日酔い対策サプリ

ワインって飲んでいる時は楽しいけど、次の日の二日酔いがつらいですよね。。

でも、知り合いの社長さんに勧められたこのサプリメントを飲む前と飲んだ後に4粒ずつ飲むと、ビックリするくらい二日酔いが緩和されますよ!

30歳過ぎたらサプリメントで足りない栄養を補足しないとダメですよね^^;

Pocket
LINEで送る