初めて人間ドックを受けました。人間ドック体験談

Pocket
LINEで送る

先日、初めて人間ドックを受けました。

以前から興味があったんですけどね。

金額は51,300円でした。

脳ドックを受けると10万円前後になりますが、初めてだったので、脳ドックなしの一番基本的なコースにしました。

というわけで、人間ドックの体験談を書いていこうと思います!

22時以降は水のみ、検診2時間以降は絶食

まず、人間ドックというのは前日の22時から始まっています。

とういのも、前日の22時以降は食事をしてはいけないからです。

水は飲んでOKですが、固形物はダメです。

もちろん、お酒もNGです。

そして、朝起きたら検診の2時間前までは水だけです。

検診2時間前になったら、水も飲んではいけません。文字通り、絶食です。

なので、お腹がすごく減りますね。

僕は10時から検診だったのですが、6時くらいに起きて、8時までは水をゆっくり飲んでいました。

8時以降は何も口に入れずに、人間ドックをやる病院まで向かいました。

検診着に着替え

病院に着いたら、受付を済ませ、検診着に着替えます。

こんな感じの衣服を着ます。

検診着

ほとんどが40歳過ぎのおっさんだったので、薄汚いおっさんがみんな同じ格好をしていて、なんだかテレビで観た刑務所の様子のようでしたね。。

検査内容

人間ドックはだいたい2時間30分ほどで終わるのですが、以下のような検査をしました。

  1. 身体測定(身長、体重、腹囲、BMI、体脂肪率、視力、聴力)
  2. 眼圧検査
  3. 大腸検査
  4. 尿検査
  5. 血液検査
  6. 眼底検査
  7. 心電図検査
  8. 胸部X線検査
  9. 肺機能検査
  10. 腹部超音波検査
  11. 上部消化器X線検査

これからを終えたら、最後に診察で医師からアドバイスをもらいます。

この中で一番しんどいのは「大腸検査」だと思います。

というのも、肛門に指を入れられ、グリグリされるからです。。

痔、ポリープ、前立腺肥大などの有無を調べるそうです。

ふと思ったのが、これをやる医師も大変ですね。。

あとは、「上部消化器X線検査」もかなりきついです。

まず、最初に発泡剤を飲むのですが、口の中で膨張するのですぐに飲み込まないといけません。

そして、ゲップが出そうになるのを我慢します。

その後、コップに入った白いドロドロの液体バリウムを飲みます。

これも、量が多いので、お腹がパンパンになります。

その後、大きな機械の上に横になり、体の向きを何度も変えるんです。

お腹がパンパンの状態で動きまわるので、けっこう大変です。

「上部消化器X線検査」が終わったら、バリウムを体の中から早く出すために、下剤を飲みます。

こんな感じですね。

5万円以上と高額ですが、今後は年に1度は受けたいと思いますね。

病気になってからじゃ遅いですし、治療費に比べると、人間ドック代は安いと考えることもできますからね。

金額以上に健康であることを認識できることが大きいですね!

Pocket
LINEで送る