Yosemiteにアップグレード後にMacのWi-Fiが繋がらない時の対処法

Pocket
LINEで送る

Mac OSがYosemiteにアップグレードされて以来、うちのMacはWi-Fiが繋がらないことが激増しました。

蓋を閉じてスリープ状態にしてから、また蓋を開けるとまず100%Wi-Fiにつながりません。

普通にネットしている最中にも、頻繁にWi-Fiの接続が切れます。

特に、SafariとFirefoxはWi-Fi接続が切れることが多く、Google Chromeはちょっとはマシという感じでした。

また、Apple TVで映画を見ている時にも、急にWi-Fi接続が切れることもあり、その後、全く見れなくなったりと、Yosemiteには悪い印象しかありませんでした。。。

とうとう我慢の限界を超え、Appleに電話して症状を説明したら、すごく親身になって相談にのってくれ、無事解決することができました。

そこで、僕がやった「Yosemiteにアップグレード後にMacのWi-Fiが繋がらない時の対処法」を書いておこうと思います。

(1)システム環境設定 → 省エネルギー

まず、一番効果的だと感じたのは、「システム環境設定 → 省エネルギー」と進み、「ディスプレイが切のときはコンピュータを自動でスリープさせない」のチェックを外すことです。

システム環境設定 → 省エネルギー

これ一発で解決する可能性があります。

解決しなかったら、次のステップです。

(2)システム環境設定 → ネットワーク

「システム環境設定 → ネットワーク」と進み、「Wi-Fi」の「詳細」ボタンをクリック。

システム環境設定 → ネットワーク

この画面で自分が今現在使っていないネットワークを選択して、「ー」ボタンをクリックして削除します。

最終的には、上の画像のように、自分が使っているネットワークのみを残すようにします。

(3)波干渉が起きにくい5GHzの電波を使う

現在の無線LANには2種類の電波が使われています。

それは「2.4GHz」と「5GHz」です。

「2.4GHz」の方が一般的で多くの人が使っています。

今までは「Wi-Fi=2.4GHz」という認識でOKでした。

しかし、最近になって「5GHz」も出てきました。

こちらは新しい電波なので、まだ使っている人が少ないです。

利用者が少ないので、電波干渉が起こりにくいというメリットがあります。また、「2.4GHz」よりも速度も早いそうです。

ただし、壁などの障壁に弱いという弱点もあります。

電波干渉が原因でWi-Fiが繋がらないことも考えられるので、「2.4GHz」から「5GHz」へ変更するのも手です。

ちなみに、うちは全ての端末で「5GHz」を利用することにしました。

うちはネット接続に「フレッツ光」を利用していますが、以下のように「2.4GHz」が2つ、「5GHz」が1つ用意されています。

pr500k-xxxxxx-1:2.4GHz
pr500k-xxxxxx-2:2.4GHz
pr500k-xxxxxx-3:5GHz

なので、3番目を利用することにしました。

これらの対処法をしてから、Wi-Fiにつながらないということはなくなりましたね。

以上が、Mac OSをYosemiteにアップグレード後にMacのWi-Fiが繋がらない時の対処法です!

Pocket
LINEで送る