ディレクトリ登録サイトから信頼性の高いリンクをもらって検索順位アップ!アクセスアップ!
その結果、売上アップ!

どんなに美味しいと評判のラーメン屋でも、人のいない砂漠に店を出したのでは誰にも来てもらえません。つまり、そのラーメン屋は存在していないのと同じです。

同様に、どんなにお金をかけて作ったサイトでも、どんなに時間と労力をかけて作ったサイトでも、アクセスがなければ存在していないのと同じです。

つまり、投資した金額、時間、労力に見合っていないのに加え、この世に存在していることも知られていないという悲惨な状態です。。

このアクセスが来ない状態、あなたのサイトが存在していないのと同じ状態を解決するための第一歩が、有料審査制のディレクトリ登録サイトへの登録です。

現在、日本で信頼のある、お金を払っても登録する価値があるディレクトリ登録サイトは以下の2つになります。

Yahoo!(ヤフー)カテゴリ
Yahoo!(ヤフー)カテゴリ 公式サイト
Yahoo!(ヤフー)
カテゴリ

審査料金
パソコン:52,500円
モバイル:52,000円
両方同時:84,000円

審査の難易度
高い

XListing(クロスリスティング)
XListing(クロスリスティング) 公式サイト
XListing
(クロスリスティング)

審査料金
パソコン:42,000円
スマホ:42,000円
モバイル:31,500円

審査の難易度
普通

ディレクトリ登録すべき5つの理由

信頼の高いリンクが張られるのでSEO効果が高まる

有料審査のあるディレクトリ登録サイトは他サイトに比べ全体的に信頼性が高まります。つまり、信頼性の高いサイトからリンクを得ることができるということです。
また、ディレクトリ登録サイトはテーマごとにカテゴリ分けされているので、自サイトとテーマの合った関連性の高いページからリンクを得ることができます。信頼性と関連性の高さなら、ディレクトリ登録に勝るものはありません。

検索順位が極端に下がることがなくなり安定する

検索順位を決める検索エンジンのアルゴリズムは不定期に更新・変更されます。その際も、ディレクトリ登録していない他サイトに比べ、アルゴリズム変更の影響を受けづらくなり、検索順位が安定します。

検索エンジンのクローラーが頻繁にやって来る

検索エンジンのクローラーは大手ポータルサイトを出発点としてサイトの収集を始めます。つまり、ディレクトリ登録サイトに登録すると、クローラーの出発点である大手サイトに登録されるので、そこからリンクをもらっている自サイトに頻繁にクローラーが訪問してきます。それは、自サイトの最新情報などがいち早く検索結果に表示されるということです。

サイトの露出が高まる

ディレクトリ登録サイトに登録すると、様々な大手ポータルサイトのカテゴリに登録されるので、あなたのサイトの露出が高まります。

1度きりの出費なので費用対効果が高い

広告や有料リンクと違い、ディレクトリ登録サイトへの登録は、最初に審査料金を1度支払えば、信頼の高いサイトが永続的に張られます。そういう意味では、非常に費用対効果が高い出費です。もちろん、経費にもなります。

Yahoo!(ヤフー)カテゴリ
Yahoo!(ヤフー)カテゴリ 公式サイト
Yahoo!(ヤフー)
カテゴリ

審査料金
パソコン:52,500円
モバイル:52,000円
両方同時:84,000円

審査の難易度
高い

XListing(クロスリスティング)
XListing(クロスリスティング) 公式サイト
XListing
(クロスリスティング)

審査料金
パソコン:42,000円
スマホ:42,000円
モバイル:31,500円

審査の難易度
普通

達人が教える!失敗しないディレクトリ登録のコツ

現在、Yahoo!(ヤフー)カテゴリの有料登録は、非常に難しくなっています。難しいというのは、お金を払っても登録されないことが多いということです。

人によっては、「無料カテゴリ登録よりも有料カテゴリ登録の方が難しい」と言う人もいるくらいです。

Yahoo!(ヤフー)カテゴリに関わらず、ディレクトリ登録の料金は「登録料金」ではなく「審査料金」です。

そして、現在のYahoo!(ヤフー)カテゴリは、この審査が非常に厳しく審査に通らないサイトが増えています。

それはつまり、お金を払っても登録されずに終わってしまうということです。まるで、パチンコですってしまったように・・・。

もちろん、有料のディレクトリ登録は、1度目の審査で落ちてしまっても、問題になったポイントを教えてくれ、その後、1ヶ月以内なら再審査を無料でしてくれます。

しかし、再審査で落ちてしまったら、審査料金として支払った料金はパァーになってしまいます。そして、Yahoo!(ヤフー)カテゴリに関しては、この悲劇に陥ってしまうサイトオーナーが多いというのが事実です。


そこで、私が顧問先に提案している「失敗しないディレクトリ登録のコツ」を紹介します。

それは、Yahoo!(ヤフー)カテゴリは最後に攻めるという方法です。

多くの人は知名度からYahoo!(ヤフー)カテゴリを最初に攻めてしまいます。そして、審査に落ちてしまい落胆し、有料ディレクトリ登録をあきらめてしまいます。

高額な審査料金を失うだけでなく、得るものも何もなく終わってしまうという最悪のパターンです。。

そうではなく、審査に通りづらいYahoo!(ヤフー)カテゴリ以外の有料ディレクトリから攻めていきます。

つまり、XListing(クロスリスティング)から攻めていくということです。

まずは、低い壁から超えていくという考え方ですね。

審査に通りやすい有料ディレクトリから攻めて、しっかりと登録して、費用対効果の高いSEO対策をして体力をつけてから、最大の難関であるYahoo!(ヤフー)カテゴリを攻めていきます。

まるで、プロになったばかりのボクサーが4回戦から勝ち進め、最終的には世界王者を狙うように。


この方法のメリットは3つあります。

1つ目は、XListing(クロスリスティング)に登録していく過程で、有料ディレクトリ登録のノウハウが貯まっていくということです。

このノウハウを、最後のYahoo!(ヤフー)カテゴリ登録に生かすことができます。

2つ目は、最短距離で効果的なSEO対策ができるということです。

審査に通るのが難しいYahoo!(ヤフー)カテゴリに手こずっている間に、ライバルサイトはどんどん効果的なSEO対策をしているかもしれません。

そうならないように、審査が比較的容易な有料ディレクトリから確実に登録して、確実にポイントを重ねていきます。

一番、結果が出やすい手順で、最短距離で効果的なSEO対策ができるというわけです。

3つ目は、やはりムダな出費のリスクを限りなく減らせるということです。

実際に、Yahoo!(ヤフー)カテゴリの審査に落ちた経験をしたことがある人なら分かると思いますが、5万円以上も出して何も得られなかった時のショックは相当のものです。

そうなると、SEO対策自体がイヤになっています。そして、結局、集客できないサイトのままで終わってしまうという・・・。

こういった最悪のパターンに陥ることを避けることができます。


以上が、Yahoo!(ヤフー)カテゴリを最後に攻めて、その前に、XListing(クロスリスティング)に登録する理由です。

そして、これが一部の賢い人がやっている「失敗しないディレクトリ登録のコツ」になります。

Yahoo!(ヤフー)カテゴリ
Yahoo!(ヤフー)カテゴリ 公式サイト
Yahoo!(ヤフー)
カテゴリ

審査料金
パソコン:52,500円
モバイル:52,000円
両方同時:84,000円

審査の難易度
高い

XListing(クロスリスティング)
XListing(クロスリスティング) 公式サイト
XListing
(クロスリスティング)

審査料金
パソコン:42,000円
スマホ:42,000円
モバイル:31,500円

審査の難易度
普通