情報の量が問われる情報化社会は終わりました。これからの知識社会で問われるのは情報の質です。

今週のニューズウィーク日本語版の表紙

検索すれば1秒で求める情報にアクセスできるインターネット社会において、情報の量はもはや意味を持たなくなっています。

また、ネット上に転がっている誰でも簡単にアクセスできる情報をどれだけ持っていても、全く差別化になりません。

なぜなら、小学生でもインターネットにアクセスすれば得られる情報だからです。

インターネット社会によってはじまった情報化社会は早くも終わりを迎えています。

人類の進化

次のステージである知識社会において問われるのは情報の質です。

  • 誰でも簡単に得ることができない情報。
  • 「検索」ボタンをクリックしただけではアクセスできない情報。
  • 限られた人だけが持つことができる情報。

これらの情報をいかに持っているかが勝敗を分けます。

それはつまり、無料で得られる情報にはそれほど価値はなく、RSSを使ってどんなに効率よく情報を集めても、その情報が価値を持たない情報なら、効率的にゴミ情報を集めているのと一緒です。

これからの時代に求められるスキルは、情報の効率収集ではなく、情報の効率的な分別です。

無料で得られる情報とは全く正反対にある情報を持っている人が勝つ時代です。

無料の情報と価値ある情報の違い

価値ある情報を得るためには多少のコストが必要です。私が選んだ無料とは正反対にある価値ある情報は、雑誌「ニューズウィーク(Newsweek)」日本語版の定期購読です。

コストといっても1冊280円ですし、定期購読はいつでも中途解約できます。(届け済み冊数分で精算)

私がニューズウィークを選んだ5つの理由

ニューズウィークの表紙

アメリカの最新のマーケットが日本語で読める唯一の雑誌だから

日本のマーケットはアメリカのマーケットに連動しています。サブプライム、円高、米FRBの発言などは日本の経済や企業の指針、株に大きな影響を与えています。
今のアメリカを早く詳しく知ることはビジネスや投資で失敗しない近道であり、それをいち早く読めるのは日本では「ニューズウィーク(Newsweek)」だけ!

多くの政治家、経営者、投資家も愛読しているから

アメリカの株価を大きく左右するのは、当然ながらアメリカの政治や経済、そしてビジネストレンドです。
それらに関する信頼できる情報を得るために多くの政治家、経営者、投資家はニューズウィークに目を通しています。
今、大統領の「Change」という言葉通りアメリカは大きく変わろうとしています。サブプライム金融危機、シティバンク国有化問題、ビッグ3破綻問題、急激に変動する円相場、インターネットやビジネスの新しい潮流、大統領の政策決定などなど、激変するアメリカの情報を詳しく知ることは政治家、経営者、投資家だけでなく、あなたのビジネスや生活でも確実にプラスになります!

信頼できる質の高い情報だから

インターネットで手軽に情報を手に入れられる時代だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報が大切であり、それが「武器」になる時代です。
全世界2500万人に読まれていることが信頼の証です!ニューズウィークは「信頼」と「上質な情報」だけを厳選して自宅までお届けしてくれます!
ビジネス、面接、就職、転職にも必ずプラスになりますから、社会人だけでなく学生こそ読んで欲しいです。

毎週、質が高い世界の最新情報が低価格で手に入るから

情報が洪水のように溢れる時代には、そこから信頼できる価値ある情報を探し出すためには、多くの時間や労力が必要になります。
しかし、忙しいことが日常である現代人にとって、情報の分別作業はお金を払ってその道の専門家にお願いするのが賢者の選択です。
ニューズウィークを定期購読すれば、週280円、月1,120円という低価格で信頼できる価値ある情報のみを分別して届けてくれます!

持ち運びしやすく、いつでもどこでも読めるから

どんなに価値ある情報を得られる環境を作っても、それに気軽にアクセスできなければ宝の持ち腐れです。ニューズウィークは持ち運びやすいサイズなので、カバンにいれても邪魔になりません。通勤電車の中でも、新聞に比べたら圧倒的に見やすいです。
しかも、ニューズウィークを読んでいるだけで、周りからはデキル人・カッコイイ人に見えてしまいます!
冗談のような話に聞こえるかもしれませんが、これはあなたのセルフイメージを上げることにつながります。

以上の5つの点が私が「ニューズウィーク(Newsweek)」を選んだ理由です。

すでに「ニューズウィーク(Newsweek)」の定期購読をして約半年がたちますが、今すごく実感していることは「インプットする情報の質が変われば、アウトプットの質も変わる」ということです。

今までは全く対等に会話ができなかった優秀な人とも、臆することなく普通に話せるようになりました。

インプットする情報の質が変わればアウトプットの質も変わる

結局、優秀な人ってインプットしている情報の質が優秀なんですね。
料理でいったら最高の食材を使って料理していることになります。

ただでさえパフォーマンスが高い料理人が、最高の食材で料理をしたら、美味しい料理ができるのは当たり前です。まずく作ることの方が難しいですね。

一流の料理法をマスターするには時間も労力もかかり大変ですが、一流の食材を用意するのはそれほど大変ではありません。お金を出して買えばいいだけです。

同じように、一流な人たちが手にしている良質な情報もお金を出せば買うことができます。
それによって、優秀な人が使っているのと同じ食材を手に入れたことになります。

優秀な人がインプットしている質の良い情報は誰でも買うことができる
ニューズウィーク

定期購読で今なら3大特典付き

ニューズウィーク(Newsweek)」を定期購読すると、今なら3大特典が付いています。

定価より20〜30%安い価格で購入できる!

雑誌「ニューズウィーク(Newsweek)」は本屋やオンライン書店などで購入すると1冊450円です。
週に1冊、年に50冊発売されるので、本屋で全て買うと年間総額22,500円になります。

しかし、定期購読なら1年購読で20%OFF、2年購読で25%OFF、3年購読で30%OFFになります。もちろん、送料は無料です。

1年で1冊あたり320円、2年で300円、3年で280円

いつでも中途解約できるので、割引率が一番高い3年購読がオススメです。

ただ私は定期購読して半年ほど経っていますが、全く中途解約しようとは思いません。
週に280円、月に1,120円の非常にお手頃な投資だと思っています。

たった月額1,120円で、自分の将来を切り開く質の高い情報が手に入るなんて、これほどお得な投資はないと思っています。

限定非売品のオリジナルグッズをプレゼント!

人気の「ニューズウィーク オリジナルグッズ」を下記の3つの中から1つ選ぶことができます。

レザー名刺入れ・レザーウォレット・レザーパスポートケースからお好きなモノを選ぶことができます。

最新映画の特別試写会にご招待!

年に6回ほど話題の最新映画の試写会に参加できます。
毎回、定期購読者専用の「特別抽選枠」で優先的にご招待されます。

ニューズウィーク(Newsweek)の3大特典付き定期購読 お申込みページ »
↑お申し込みは3分で終わります。

ニューズウィークの表紙

あなたはこれから始まる知識社会に向けて「賢者の選択」をしますか?

それとも、価値があるのかどうか分からない情報の収集に、貴重な時間を奪われ続けますか?